読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳を積めた人と、「得」を詰めこもうとしてパンクした人

最初に 今日の新聞を読んで、人がほぼ同じ年代なのに、物事の考えを左右する「考え方」に出会うか、出会わないかでこれほどの差が出るのかという、悲しい事案に遭遇しました。 今回のお話は、モーレツ社員を気取って頑張る内に我利我利亡者になってしまった…

「~だろう、常識的に考えて」という危うさ

「~だろう、常識的に考えて」という考え方って、とても危ういなと最近思います。 常識的に考えてとは (ジョウシキテキニカンガエテとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 私は昨日電車の中で「非常識」な人を見かけました。「非」って言葉がつく場合、大抵は相…

ネット上の私に意見するものは、まだ人間じゃない

タイトルはディックの短編から。 まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集) 作者: フィリップ・K・ディック,Rey.Hori,浅倉久志,友枝康子,大瀧啓裕,小川隆 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2008/03/07 メディア: 文庫 購入: 2人 クリッ…

ミスターサタンが地球の救世主になった理由

前回のエントリの『ドラゴンボール』のブログの続きです。 今からご紹介する文面は五年前に書いたものです。 あでのいさんが、ブウ編を扱われた記事を紹介されているため、過去に私が書いた記事もこの流れで便乗して紹介します。 では、始めます。 魔人ブウ…

我が子を道具としか思ってない、孫悟空と碇ゲンドウの共通点

今回は『ドラゴンボール』の悟空のディスコミュニケーションについて語っていこうと思います。 鳥山明「悟空は子育てに興味がないんですよ、多分。父親としては完全に失格(笑)。働いてもいないですからね。悟空はただ強くなりたいだけで、他の本能はない感じ…

ビリギャルという名の金持ち 若しくはシンデレラ

・ビリギャルという一発逆転を望む社会 ビリギャルが人気と聞いてますが、社会的階層が次第に固定されて、一発逆転が可能とされてきたスポーツ界隈でさえ、そうした貧しい階層にある人の一発逆転は不可能に近くなりつつあります。 そこら辺については、「巨…

私の役に立って死ねと平気で言い放つ、現代のディオ

「どうせ死ぬなら役に立ってから死ね」「僕は人の役に立って死ねるから、無駄死にじゃないんだ」 スプリガン [Blu-ray] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2008/07/25 メディア: Blu-ray クリック: 4回 この商品を含むブログ (1件) を見る この映…

わかりあえるはずだ、という病 ~ちょっとひどいお話の2

「人と人は分かり合えるはずだ」というのは、よくアニメの中で主人公が口にしていますが、現実の問題として「分かり合えない」と私は回答を出します。 何故ならば「分かり合えるはずだ」と現実を無視して理想を人や社会に押し付けると、「人と人は分かり合え…

ちょっとひどいお話

最近の私の考えで、人間には意志があるように私達が錯覚しているだけで、実際は体や脳が動くことによって、そこで発生する微弱な生体電流によって発生するノイズを人間の意志だと錯覚しているのではないかと。 別に厭世観にとりつかれたわけではなくって、ふ…

満員電車の中心で正義を叫ぶ島耕作

今朝の私は満員の電車で運良く座れたので、通勤が少し楽になりました。 そして私たちの前におばあさんがやって来ました。 後で席を譲りましたけど、まだ座ったばかりだったので、しばらくのあいだはおばあさんを立たせたままでした。 そんな時、ふと今は会長…

駅前で訴える人々

全労連のアンちゃんたちが、「戦争法反対」の垂れ幕を持って駅前に佇んでいたから、聖書の勧誘は無視する私が「チラシあるかい?」と尋ねたら「ないです」と言われた。 参加者が二~三十代だったので、上から言われてポーズでやってるんじゃないのかな、とは…

さらば愛しきルパンとドローン馬鹿

三社祭や善光寺でドローン(実際には自律型こそがドローンらしいが、便宜上ドローンと呼称します)を飛ばした馬鹿がいましたが、彼には彼の理屈があります。 別に私は彼を弁護するつもりはナノメートルも持っておらず、彼が十五歳の無職でネットを介してお金…

不思議の国のバードを買ってきた~文化の終焉について

我が家が誇る安物プリンターのキャノンはMG3230で、スキャニング練習を何度もしてましたが、中々上手く行かず、ようやく画像スキャン後の編集ができるようになりました。 というか、当方の中の人はtyokorataの日記を書いてましたが、何故か公開範囲が…